« 切り絵、切り紙、紙もの、2013年 2つ目 | トップページ | スカートを穿きたくなる。 »

「心の時計」なんだそうで。

 002


昨日、職場で雪が降り始めた頃、「おぉ、神秘的 snow」と喜び、

写真撮りしていたのもつかの間、

あれよあれよと積り始め、

駐車場に留めたはずの車は雪で見えなくなり、

「ガーーン ∑(゚∇゚|||) 」  ついには帰宅難民状態。

いつもなら車で10分弱の通勤。

1時間半かかってたどり着いた時には、全身ずぶぬれで、

四谷怪談、「1ま~い、2ま~い」と皿を数えるお岩さんの形相。

自分でも怖っ!! でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月14日の 天声人語 が印象的だったんで、切り抜きましたよ。

年を重ねると、月日の流れがどんどん速くなる。

楽しい時が駆け足なのは常としても、

退屈な時間まで大股である。

物の本によれば 「心の時計」のせいらしい。

子どもには未知の行事や出来事が次々と訪れ、

心の時は細かく刻まれる。

だからゆっくりと進むように感じる。

大人になると胸躍るイベントが減り、

加齢で代謝も鈍り、心の時計は緩慢になる。

つまり実際の時の流れを速く感じる、というわけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よくもまぁ~、こんなにドンピシャリと表現してくれたもんだ。と、

あまりに的確過ぎて、笑ってしまった。

ふむふむ、なるほど。 

正体は 「心の時計」 なんですね。

「心の時計、心の時計、心の時計・・・・・・」

この言葉、なんだか気に入ってしまって、

何度も呪文のように繰り返しました。

私の心の時計は、とりあえずまだ、動いてはいると思うけど・・・

時々はネジを巻かなくちゃ。

      って、ネジまわし式かっ!! 古っ!! 大笑

|
|

« 切り絵、切り紙、紙もの、2013年 2つ目 | トップページ | スカートを穿きたくなる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の心の時計は太陽電池 !

先日は55歳のハローライフの紹介ありがとう。早速、急速に進行中の老眼にカツを入れて読みました・・・村上龍のひとつひとつのその場の情景、心の情景の表現力にどきどきしながら読み進み、さいごの章は読み終わるのがもったいなかつた。こんなのは久しぶり。ありがとうね !

投稿: fu- | 2013年1月15日 (火) 16時22分

fu-さんへ

わっ、「心の時計は太陽電池」
上手い事言うなぁ。
これ、頂きます!!happy01

読んだのね。
きっと同じように心に染みたと思う。
読んだ後、感動しても、結構忘れてしまうもんだけど、これはかなり強烈に残りそうです。

いつもいつも、本当にありがとう。
・・・って、言わせてください。

投稿: k.k | 2013年1月15日 (火) 20時59分

kkさんは朝日新聞をお読みなのですね。
私も結婚してしばらくは朝日だったのですが、死刑制度や安全保障や歴史認識などでまったく賛同できなくて、ついにサンゴ礁事件で購読を止め、産経新聞に変えました。
産経に変えた時の新鮮にして衝撃的な感動!
日本は内側から外側から滅びに向かいつつあり、その処方箋はどうすることなのか・・・分かってきました。
文化大革命の凄惨さを正確に報道し、中国にいられなくなった産経新聞。
対する朝日は、真実ではなく中国指導部のいうままに報道することを飲んで、中国にいられました。
朝日のミスリードはあまりにひどい。
朝日の幹部は「安倍の葬式はうちで出す」と言ったそうです。
歴史と伝統に裏打ちされた美しい強い日本を目指す安倍総理を葬ろうとしているのです。
朝日の不買運動を起こそうではありませんか!

朝日が愛読紙でしたら、ごめんなさいね。
熱く語ってしまいましたが、私は日本が大好きで、日本がチベットのように被侵略国家になっては大変と思い、祖先の名誉を守り、子孫に素晴らしい日本を引き渡したい、それだけなのです。

投稿: 春眠 | 2013年1月16日 (水) 12時21分

春眠さんへ

コメント、ありがとうございます。

春眠さんの熱い思い、しっかりと自身の考えをお持ちで、それに向けて真っすぐ、揺るがない・・・・素晴らしいです。
言葉が単純すぎてごめんなさいね。

ある程度年を重ねると、蓄積されたそれぞれの思いは強くなります。
ただそれを、どう自分の行動に結びつけるかは難しく、私なんぞは、ついつい目先の楽しみを優先してしまい、楽な日々を送ろうとしてしまいます。
私も日本が大好き。
特に、あの東北地震、原発問題が起こってからは、再認識しました。
その思いは、自分なりに何かで表現できたらと感じます。

朝日新聞は夫の独断で、それこそ曲げません。
私は読売派。
結婚しての、初めてで最大の(?)意見の食い違いでありました。
今はどうでもよくなってます。

本当に春眠さんの思いに、上手くコメントできず、すみません。
真剣に考えさせられた貴重なコメントでした。
これに懲りず、今後もお付き合いくださいませ~

投稿: k.k | 2013年1月16日 (水) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212964/48763585

この記事へのトラックバック一覧です: 「心の時計」なんだそうで。:

« 切り絵、切り紙、紙もの、2013年 2つ目 | トップページ | スカートを穿きたくなる。 »