« 貼り絵の本 | トップページ | 蝋梅の香り »

昔の刺繍糸 そしてリリアン

母は自宅で編み物教室をしておりました。

昭和40年頃からでしょうか。

その頃、刺繍のカーディガンが流行っていて、

それもいっぱい作ってました。

朝ドラ カーネーションで糸子が着てましたぁ。

サテンステッチの薔薇や、チェーンステッチのデイジーが

いっぱいちりばめられていた、あんな感じのカーディガン。

女性らしい華やかさがあって、

「うわぁ~綺麗~着てみたいあなぁ~」と、

羨ましく見ていたその頃の私が、

今もまだ記憶の中にあります。

その時使っていた刺繍糸がこれ。

 003


しっかりまだ健在で、私の手元にあるのです。

 006


こんなお洒落な箱に納められていたんですよ。

箱は少々日焼けしたけど、

糸の鮮やかさは綺麗な、そのまま。

 011

40年以上も経ってるなんて、信じられないほど。

時を経ても変わらぬ美しさ!!

あ~、糸になりたい!! 笑

この糸で、母や生徒さん達はチクチクチク

刺繍に励んでいたんですよ。

捨てられない物のひとつです。

で、娘が持っていたリリアンを引っ張りだして

 017_2

この刺繍糸で?十年ぶりにやってみました。

 013

子供の頃は、どんどんただひたすら長くして、

そうしても使い道がなくて、

ポンとその辺にほっぽり投げて終わりー!

だったけど、

この糸が勿体ないので

リリアンは何かに使おうと考えてます。

リリアンで遊んだ方、多いのでは?


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ
にほんブログ村


|

« 貼り絵の本 | トップページ | 蝋梅の香り »

昭和の思い出」カテゴリの記事

コメント

刺繍糸私も持っていました。
微妙な色違いもきれいですよね。
私は個別支援学校に勤めていた時に、障害を持つ生徒に何か出来ないかと考え、刺繍糸を使ってクロスステッチの布の縦の目をすくう事をやりました。
どこをすくうか分からない人には一目ずつ、消えるマーカーで印をつけ、スモールステップで。
生産的なことを模索していて、これは可成りの段階の巾の生徒にも適応出来よかったです。トイレペーパーカバーにしたり、小物袋にしたりはこちらでやりましたが。
自閉の人は終了時間になってもやめないので、困りました!
出来上がりは手織りのようでしたよ~
すくう場所を上下させたりすると、模様もでてきますしね。

投稿: るい | 2012年2月18日 (土) 13時32分

は~い、リリアンで遊びましたよ~。
同じく、編んだだけでポイでした。
何十年後にこのようにお母様の糸が
活かされていいですね~。
厚い箱に入れて保管されていたので
色あせがおさえられたんでしょうか。

あ!オリンパスってこのごろ新聞を騒がせている
あのオリンパスですね。
娘ちゃんのリリアン編み機もおもちゃじゃないわ。
k.kさんちはなんだかすごい3世代ね~。

投稿: 香菜 | 2012年2月18日 (土) 17時58分

るいさんへ
クロスステッチをクロスさせずに縦の目だけすくう・・・・その柔らかな発想!!
さっすが、るいさんだわ~
縦のラインだけでも、そこから出来る模様は無限ですね!!
純粋な子供たちには、その世界が見えて、だから夢中になったのでしょうね。
なんだかうらやましいなぁ。
頭、ガッチガチにかたくなってますぅ。


香菜さんへ

やっぱり!!
編んだだけでポイですね。
あの頃ってブレスレットなんて物、なかったし、紐代わりに、新聞でも縛るしかなかった?笑

我が家は、即、材料や道具は揃える・・・・とっつきは早く、でも長続きしない・・・
そんなしょーもない家族です。


投稿: k.k | 2012年2月18日 (土) 22時06分

懐かしいぃ~ リリアン、夢中になってました。
刺繍もずいぶんやりました、あの頃の目は疲れ知らずだったもんね。
いっぱい刺繍をした手作りバッグ、小銭入れ、刺繍糸の微妙な色合いは本当に素敵で、創作意欲が湧くのよね。

投稿: べこまま | 2012年2月20日 (月) 11時05分

べこままさんへ
女の子は手芸に夢中だったわ。
刺繍もいろいろで、手まり刺繍、クロスステッチ、針でチクチク刺す文化刺繍・・・・・
勉強なんかそっちのけで、カラフルな刺繍を一生懸命。
あの位熱心にべんきょうしてたら、人生変わった???

投稿: k.k | 2012年2月20日 (月) 22時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の刺繍糸 そしてリリアン:

« 貼り絵の本 | トップページ | 蝋梅の香り »