« 中秋の名月?  | トップページ | 秋は編む? »

蓼食う虫も好き好き

愛用の 蓼(たで)の花 図案の手ぬぐいです。

 002


蓼 と言えばこのお馴染みの ことわざ。

「 蓼(たで)食う虫も 好き好き 」

蓼 はとても苦く、辛いそうです。

でもそれを好んで食べる虫もいるそうで、

人の好みもそれぞれ。

一概には言えない。 と言う事なんだそうだ。

このことわざ、

そこにはユーモアが見え隠れしていて

私は好きなのです。

私が社会人になった頃 (30年前) (^-^; 

職場も社会もまだまだ大らかだったような気がします。

職場の同僚が 「 結婚する事になりまして・・・・」

などと言うと、

上司はすかさず 

「 おっ、そうか! そりゃあよかった!

  そうかそうか、君も結婚かぁ。

  蓼食う虫も好き好き。

 拾ってくれる人がいて良かった!! 」

ガハハハ 大口開けて笑う・・・・・

なーんて事はめずらしくなかった!?

言われても 「 はい、おかげ様で~~ 」

ルンルン ♪ 気にしないわぁ~

てな感じでした。

人それぞれ、好みが違うから

「結婚」なんてのが成り立つのよね。

まぁ 好み と言うより 勘違い だったのでは・・・・ ん?coldsweats01

 

|
|

« 中秋の名月?  | トップページ | 秋は編む? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蓼と聞くと子供の頃を思い出します。
夏になると父と鮎釣りに行き、祖父母の家の庭に生えてた蓼で蓼酢を作って、
縁側で炭焼きした鮎や祖母が作ってくれた鮎ご飯を食べました。
その時にこのことわざの意味も教えてもらいました。
蓼は子供の舌にはあいませんでしたが、
今では亡くなった祖父母を思い出す懐かしい味です。
今年は鮎の塩焼き食べられなかったなぁdespair

投稿: サエ | 2011年9月15日 (木) 12時36分

サエさんへ
へぇー、蓼ってその様に使うんですか。
はじめて知りました。
幼少期に貴重な体験をされたんですね。
いつまでも忘れられない味なのですね。confident
のどかな昭和の風景が目に浮かぶようでホッとします。

投稿: k.k | 2011年9月15日 (木) 21時05分

こんばんは♪

あら!いっぺんにタデのお勉強ができました。
ありがとうございます。

きれいなタデ。一度は食べてみたいものです。

投稿: 香菜 | 2011年9月15日 (木) 21時12分

勘違いでした。

投稿: yuka | 2011年9月15日 (木) 21時28分

香菜さんへ
私もブログを始めたおかげで、随分いろいろな事を皆さんから教えて頂いてます。
楽しいわ~

どのぐらい辛くて苦いのか?確かに食べてみたくなりますね。


yukaさんへ
同じく!!!
そして、魔がさしました。

投稿: k.k | 2011年9月15日 (木) 22時27分

昔は何事にも大らかでしたよね。
今は差別用語だ、セクハラだ・・・とぎすぎすしすぎる面があるような。
kkさんが結婚を報告した時の上司の言葉には、照れ隠しの愛情が含まれていると思います。

とにかく、意味が分かって一つ利口になりました^^

投稿: 春眠 | 2011年9月16日 (金) 08時05分

春眠さんへ
そうですね。
何処かにいつもユーモアや笑いがあって、ゆとりある人間関係でした。

蓼 が花だって事を知ったのも、私は結構な大人になってからです・・・(^^ゞ

投稿: k.k | 2011年9月16日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212964/41699023

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼食う虫も好き好き:

« 中秋の名月?  | トップページ | 秋は編む? »