« 切り紙、切り絵~2009 クリスマス その4 | トップページ | 天は二物を与える?? »

手織り体験

今日はいつもブログを通じてお世話になっている

 るいさんの工房 へお邪魔して

          ↑ ブログは オアシスの旅 

手織りを体験。

036

以前からとっても楽しみにしていたので

この鮮やかな糸を見ただけで

テンションはupupup

経糸は私の希望で 紫系で るいさんに張っていただきました。

さてさて

この無数の糸の中から何を選ぼうか?

紫系に無難に合う色にしようかと思いましたが

今日はいつもの自分じゃない!?

せっかくだから冒険してみよう~   

ゴールドっぽい黄土色。

そしてオレンジから紫へ

こんな織り始めです。

029

うーーーん、ちょっとくどいかなぁ。

でも るいさんの 「 いえいえ、自由に大胆に!!}

の声に押されこのまま行きます~

横ではもう1年織りを習い

基礎が終了した おりーなさんが

何やら複雑な模様を・・・

033

040

           出来ました。\(^o^)/

046 048_3

織り始め                   中盤

軽くてとっても肌に馴染みよく

色の持つ魅力、不思議。

糸の持つ優しさ、空気感。

そんなこんなが 私の中をぐるぐるしてました。

楽しく そして 安らぐなぁ~  織り体験。

045

こうしなければいけない と言うようなルールはなく

思うままに糸を重ねる。

かちっとしたり、力を抜いてゆるーくしてみたり

とにかく 自由 なのが

私のように適当な性格にはスゴク合ってるみたいです。

第2弾も作ってみますよーーーーーーー!!

|
|

« 切り紙、切り絵~2009 クリスマス その4 | トップページ | 天は二物を与える?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

K.Kさん 今日はご苦労様でした。紫系?私は甘いピンク、紫はなんとなく近寄りがたく難しいと思っているので、Kさんが紫と言われた時にはどうしようと思案橋でした。
無難な紫系にたてておけば、きっとKさんのセンスで織ってくださるでしょうと思っていましたが、やはり、やってくれましたね!
とっても素敵でした。私が買いたいくらい~ほんと、手織り仲間でも自分で出来ない感覚で織られたものは買うことがあるのです。今までに2枚買ったかな?
studioに来ていただくのは大変と思いますが、是非また、織って欲しい。そして見せて下さい。

最後の写真、カッコいいね、ほんとに。Kさん本腰入れてやってみない?こんど取手方面に売り手市場を拡大していきますから。
この手織りが広がっていくことを考えるだけでもワクワクしてきて、またまた眠れなくなりそうな予感です~

投稿: るい | 2009年12月 2日 (水) 22時56分

すてき~♪楽しそう~♪
自由に色を組み合わせて、大胆に織れるのっていいですねぇ。
私、考え込んじゃいそうな性格なので
こういう自由に大胆にというものも作ってみた~い!
最後のお写真、ホントにすてきです。
不思議とどんなお洋服にも馴染みそうな気がします。
ふわんとした感じがとってもいいですね。

投稿: ツェツェ | 2009年12月 2日 (水) 23時32分

るいさんへ
例えこれから先、同じ糸を使っても、絶対に同じ作品は生まれないのですから本当に不思議だし楽しいです。
自分でも意外な色の組み合わせでした。
やってみるもんですね。
ありがとうございました。


ツェツェさんへ
最初は「どんな感じにしようか?」一応考えましたが、それは無駄なことだと気づき、後は流れに任せました。
自分で織ったのを身につけられるって嬉しいです。
切り紙にはない魅力です~

投稿: k.k | 2009年12月 3日 (木) 16時47分

いいなぁ~ すっごくいい!
決めた !!
誕生日のプレゼントこれがいい! ふ・ふ・ふ まだまだ先の誕生日。寒さが緩む頃だと・・・先渡しでもいいな。
我ながらずうずうしいとは思うけど、それだけ素敵なの!
勝手に楽しみにしてまーす。

投稿: fu- | 2009年12月 4日 (金) 18時57分

fu-さんへ
おっ、リクエストね。
OK,OK,任せなさい(o^-^o)
あくまでも色は私の趣味で織るからね~

投稿: k.k | 2009年12月 4日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212964/32461465

この記事へのトラックバック一覧です: 手織り体験:

« 切り紙、切り絵~2009 クリスマス その4 | トップページ | 天は二物を与える?? »