« ノンアルコール | トップページ | 茶髪。 »

続。レースの切り絵展

先日の  「 蒼山日菜 レースの切り絵展 」 続きです。

Dscn8598

Dscn8620

Dscn8663

 近づきます。eye

Dscn8664

  近くで見れば見るほど

  その超繊細な線に圧倒されク~ラクラ。(@_@;)

Dscn8697_2

スイスでは昔から、寒い冬の間の楽しみとして

ハサミを使った切り絵に人気があったようです。

           楽しみ にしてはなんて細かい!!

           肩こり、眼精疲労・・・大丈夫???

           と、余計なお世話。 (^-^;

こんな方もいらっしゃいました。 驚き!w(゚o゚)w

興味ある方は どうぞ~   → ここクリック

そして、蒼山日菜 さんが、世界を変える100人の日本人

にテレビ出演した時の映像。

  「 春の妖精 」 と言うとっても素敵な作品が紹介されます。

これも興味のある方は~ → ここクリック

つらつらと、まるで自分の事のように紹介しましたが coldsweats01

1生に1枚でいいから

こんなの切ってみたいなぁ~

          ・・・・無謀にも思うのでした。

|
|

« ノンアルコール | トップページ | 茶髪。 »

きりえ きり紙」カテゴリの記事

コメント

こっこれはスゴイ!!
(ありきたりな言葉ですが;^^)
まるで繊細なレース編みのようですshine
ウサギに~バラに~プリンセスに~
こういう世界。。。大好きです~
k.kさんのメルヘンチックな切り絵の雰囲気にも
似てますよ~heart04

投稿: チグラーシャ | 2009年7月14日 (火) 13時07分

チグラーシャさんへ
芸術家であり職人でもあり、とにかく同じ人間の手が成せる事とは、信じられないです。
大人のメルヘンよね~lovely

投稿: k.k | 2009年7月14日 (火) 21時03分

こんにちは~
切り絵ってこういう世界があるのを初めて知りました。微妙な線のはしるところ、これはそれぞれの
作家の感性によるものと今更ながら思います。
白黒の世界でありながらその色の向こうに
違った色が浮かんできます。
こういう名人といわれるような方も、日々
精進、勉強されているんですね。

K.Kさん この方の出会いからきっと閃いて
くるものがあると思います。
よい作品を観るーーーこれが自分を高めてくれる。
私が海外に出向いてその国の色を感じ、人を感じるのもそこが原点かなって思う。
K.Kさん 
さ、勉強、勉強~

投稿: るい | 2009年7月16日 (木) 15時23分

るいさんへ
ネットやブログのおかげもあり、切り絵にも世界各国様々な歴史や背景、技術がある事を知りました。
そしてその楽しみ方も千差万別。
1つ1つが深いですね。

勉強ー!!
はぁ~っ、最も苦手とするところです・・・(゚ー゚;

投稿: k.k | 2009年7月16日 (木) 21時24分

昨日ようやく行けました~♪

重い鉄の扉の向こうには静かで優しい空間がありました。教えてくださってありがとうございます!

実物を見るとまた圧巻でした。
息が止まりそうになるくらいの繊細さは、芸術そのものでした。

....私は息が止まらないくらいのがいいなあとも思いました。ではまた、です。

投稿: う | 2009年7月25日 (土) 06時13分

うさんへ
鑑賞出来て良かったです。
やはり実物は凄い!!

実は私・・・・その後ピタリとハサミもカッターも持たなくなってしまいました・・・
息が止まったまま??? 

うさんのコメントで、私は私流しか出来ないのだから今のままでいいかぁ~ と思えました。
m(_ _)m

投稿: k.k | 2009年7月25日 (土) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212964/30538201

この記事へのトラックバック一覧です: 続。レースの切り絵展:

« ノンアルコール | トップページ | 茶髪。 »