なんとなくなんとなく

 
 
私の大好きな曲をウクレレペアーのMさんにお願いして課題曲に選び、
 
一緒にレッスンに励んでいました。
 
 
かまやつひろしさん 「なんとなく なんとなく」
 
たくさん口ずさんだ歌です。
 
 
気持ちがとても暖かくなる、嬉しくなるそんな曲。
 
 
二人で練習していい感じに仕上がったのは先週の事
 
 
 
 
 
 
 
それがこんな事になるとは・・・・・・・・・  とても淋しい・・・・・・




「あの時君は若かった」「我良き友よ」「どうにかなるさ」
 
 
いっぱいいっぱい大好きです。
 
こんなつかみどころのない(?) ユーモアのあるひょうひょうとしてる所
ホッとします。
 
追悼。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|


先日40才代のウクレレ相棒さんとカラオケルームへ練習しに行きました。


受付で会員証を提示すると、


「あ、お客さま、60才になられてますので

シルバー料金となります。」

だそうで‼️

へ、あら、あらそー なんだ‼️

シルバー、シルバー、シルバーなんだ‼️

40才代の彼女の半額料金以下でした。

昨秋60才になって、初のシルバー体験。

お得料金にほくそ笑み、でも何処かでもがく気持ちもあり、

喜ぶべきか哀しむべきかも複雑。

ぐるぐると🌀 🌀 してる。


複雑なお年頃なのだ‼️


では今日もこれから仕事。

行ってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木曜日の風景

最近、木曜日はなるふべく孫と遊ぼう〜と、

いぇ、遊んでもらおう(? 笑) と、仕事は休みにしてもらってます。


孫と私のツーショット。
後ろ姿に哀愁が漂ってる? 😄

Image_2


特に遊具がある訳ではないこの広場も孫にとってはパラダイス✨

落ちてる枯葉。 なんでもない小石。

風で飛び散る芝生。 折れてる小枝。

ベンチに座ってる ドラえもんみたいなおばちゃん。笑

全てが新鮮で面白いのだね〜

あーあー、おーおー、指差して喜ぶ。

その初々しいシンプルな感情に、私までもがつられる想い。

あー、おー、と指はささないけどね。😅

楽しいね〜 空も空気もなんて新鮮。

きっと私にもこんな時があったでしょうに。

60年生きてきて、すっかり汚れてしまったよ。苦笑


お昼は次女も一緒に、これを作りました。

Image_3


Image_4


美味。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|


次女が通勤途中に見た 河津桜。

Image

長女宅に向かう途中に咲いてた カンザクラ

Image_2


春の象徴はピンク色?


確かにね。


それはその後ろに青空のブルーがあって
なお一層ひきたってる。


自分が輝くってより、
ほんの少しの時間でも誰かのひきたて役にならなくては……
そんな年齢になったなぁ〜 と ふと。


めずらしく謙虚な気持ちになりました。☺️


一瞬ですけど。笑


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一歳7ヶ月になる孫君が描いた絵。(足の裏も😆)
絵、え? 多分。😆

Image


リトミックの先生が出した絵のお題は

「カレー」

そんなお題を出されても、

孫君はまだカレーって何かわからないので

ペンを持ってただ動かしたのでしょうね。😅


これを見て、母親が何を描いたのか想像してコメントを書き、そして完成だったそうで、

母親である娘ははてはて?と困ったあげく、「ごはん」と書いたらしい。爆笑 😄

私も一緒に大爆笑。そして可愛らしいから激写❗️

学生時代の色彩学の授業で先生が話してくれた事を思い出します。

「子供の絵は具体的に褒めてあげましょう〜」


ただ「上手だね。」ではなくて。

例えば花を描いていたら 「ここの赤い花びらが綺麗。葉っぱの緑がとっても元気だね。」とか

女の子が洋服を描いていたら 「ワンピースにポケットを付けたんだ。それがとっても可愛らしいね。襟のレースのフリフリが上手に描けてる。こんな洋服着てみたいな。」 とか。

そうすると子供は想像を膨らませ、物を見る目がみるみる養われて楽しくなるんだそうです。

褒めると絵が上手になるとかじゃなくて、

見る目が養われて楽しくなるーーってのが凄くいいなと思うのです。

孫君の絵らしき物は、まだ具体的に褒めようもないのですが、

もうすこし成長したらどんな世界を描くのか、楽しみ〜😊

その時は全身全霊で褒めるぞー‼️ 笑 具体的にね。😉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«聴いて歌って、まだ歌ってる。